閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「港の日本娘」(1933)

100点100
「風の中の子供」「蜂の巣の子供たち」などの児童映画で特に知られ、独創的な映画作法を創り出した巨匠、清水宏。サイレント期に出発した彼が、当時の“モダン“なメロドラマを活写した貴重な作品。異国情緒豊かな横浜を舞台に、女学生であるヒロインの流転の半生を即興的な演出で描いていく。
製作年 1933年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 72
チケット 前売りチケットを購入する