閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ある子守の詩」(1975)

0点--
「五木の子守歌」のメロディーにのせ、郷愁そそる九州の自然を背景に、一人の薄幸な少女子守の悲しみを綴る一編の映画詩。昭和初期、マサ子は貧乏のため小学校を6年でやめ、年季奉公に出されて子守となる。せっかくもらった金を弟と妹のアメと祖母のまんじゅうで使ってしまうシーンが、忘れがたい印象を残す長編児童劇映画。
製作年 1975年
製作国 日本
配給 大森プロダクション
上映時間 92
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト