閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「若親分」(1965)

【DVD発売中】

60点60
日露戦争の戦勝気分に酔っていた頃、南条組の親分・辰五郎が殺される。海軍少尉の軍装のまま葬儀に参加した辰五郎の一子・武が二代目を襲名。父の仇である伊蔵一家に殴り込む。

あらすじ

日露戦争で戦勝気分に酔っていた頃、南条組の親分辰五郎は、将棋帰りに殺され、車曳きの三吉の証言で下手人は滝沢組のものらしいと噂された。葬儀は全国の親分が集って盛大に行われたが、その中には、滝沢組、組長巳之助の顔もあった。その日、辰五郎の一子武は海軍少尉の軍装のまま葬儀に参列して人目をひいた。数カ月後、南条組二代目武の襲名披露は華やかに開かれた。幼馴染みの“花菱”の若い女将京子は、武にヤクザになることの無暴さを説いた。だが武の披露宴は終りに近づいていた。お開きの頃、三吉が巳之助にとびかかるという惨事がもちあがった。だが助人に出た武が、海軍仕込みの抜刀術で巳之助の右手首を叩き落した。父の仇を討った武は、父がひいきにしていた桃中軒雲右衛門を招いて追善興業をうとうと計画した。武は、その打ち合せの帰り道、若い衆に足蹴にされている教師高瀬俊介を助けた。俊介は芸者千代梅と恋仲であったが、千代梅が太田黒組の親分伊蔵の持ち物であるため、ことがめんどうになったのだった。そこへ、先乗りの若い衆が伊蔵のインチキ賭博にひっかかり、雲右衛門の興行権を渡したと血だらけでころがりこんだ。かけつけた武は、バクチでけりをつけようと言われ、賭打場にのぞんだが、伊藤の卑劣なやり方に怒った武は、人質となっている雲右衛門を連れて出ていった。だがその夜、当の恵比須座がつけ火のため焼け落ち、焼け跡の雲右衛門独演会という奇妙な興行となった。その騒ぎが終らぬ内、京子の手引きで俊介と千代梅が武の許へ逃げこんで来た。ヤクザの世界ではこの種の行為に対する制裁は厳しかった。伊蔵の掛け会いにも、武の妙案でのがれた二人は、その夜西へ落ちのびた。見送りの帰り、武の車が父の殺されたガード下に近づいた時、長ドスを抜いて前に立った男がいた。親分を殺った男だ!三吉の叫びで追いかけた武は、その男の背後に伊蔵がいると聞き、巳之助を訪れて、父の仇と誤解したわびを入れた。そして、単身伊蔵一家の待つ決闘場へ乗りこんだ。街は、日露戦勝祝賀でわき返っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 大映=大映京都
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する