閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ザ・ダイバー」(2000)

【DVD発売中】

70点70
黒人として米海軍初のマスター・ダイバーとなった男の半生を実話に基づいて描く。人種偏見を持つ教官との確執のみならず肉体的なハンデも克服する主人公の根性に、ただただ驚かされる。

あらすじ

1966年。海に墜落した米軍の核弾頭搭載機を回収している深海ダイバーの中に、カール・ブラシア(キューバ・グッディングJr.)という一人の黒人の姿があった。1943年、ケンタッキー州ソノラ。少年ブラシアは貧しい小作農民の子として育つが、父の強い励ましもあり、村を出て海軍に入隊する。しかし海軍で彼を待っていたのは、差別やいじめという厳しい現実。コックや雑用係から甲板兵へ進み、やがてダイバーになることを夢見るブラシアだったが、ニュージャージーの養成所では、彼を鬼教官ビリー・サンデー(ロバート・デ・ニーロ)の敵意が襲う。しかしブラシアは、のちに結婚することになる医学部の女性ジョー(アーンジャニュー・エリス)の存在を支えに、見事ダイバーとなった。そして1966年。ブラシアは回収作業中、脚に大怪我を負ってしまう。脚を切断することを決意した彼は、義足をつけてリハビリに励んだ。だがハンクス大佐(デイヴィッド・コンラッド)は彼をクビにするつもり。そんなある日、ブラシアのもとにサンデーが現われた。いまや友情で結ばれている二人はハンクス大佐の陰謀に対抗したが、大佐は、最新の重い潜水服を着て歩く過酷な課題をブラシアに突きつける。そしてブラシアは、見事その課題をクリアーするのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 MEN OF HONOR
製作年 2000年
製作国
配給 FOX
上映時間 128
公開日 2001年5月26日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する