閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「大阪の女」(1958)

0点--
八住利雄原作の連続TVドラマ『女神誕生』を巨匠・衣笠貞之助が映画化。大阪の焼け残りの一画に暮らす上方落語や漫才の芸人たちの群像を、人情味豊かに描く。大映カラーが捉えた大阪の歓楽街のにぎわいや、華やかなステージの光景が見もの。京マチ子、中村鴈治郎をはじめ、名優たちの芸が冴える。

あらすじ

大阪の焼けのこりの一画に、いつからか上方落語や漫才の芸人たちが集った。「芸人村」と土地の人は呼んだ。長屋の二階の一室に、お千は父の半丸と暮している。父は元漫才師で、今はボテ人形造りに凝っていた。酒と女には目がない。お千はそんな父を針仕事で養っている。底抜けのお人好しである。バンドマンと一度結婚したが、死に別れた。半丸のはからいで、お千は扮装踊りの米太郎と見合いした。その頃、長屋に宗二という男が帰ってきた。彼は半丸の元の弟子で、お千の初恋の人だった。彼は商売を始めるつもりという。彼の店へお千が会いに行くと、店に女がいた。家内だといった。お千はたまらず、駈け去った。女はお妙という置引き専門の強者で、警察の目をごまかすため、強引に入りこんで一芝居していたのだ。宗二も共犯に間違われて警察へ引っぱられた。その間に、何も知らぬお千は米太郎と結婚式を挙げた。今さらどうにもならぬ。宗二はお千に会い、その幸せを祈った。お千は米太郎と仲よくやれた。−−が「これも束の間、米太郎は仕事の帰り、お千の眼の前で車にひかれてしまう。早速入院したが、命が危なかった。その損害賠償保険の二万円を受取った半丸は、酒を飲み、挙句はお妙にスられてしまう。−−米太郎は死んだ。なにか一言いいたいと言ったまま。彼の死で、損害保険金が三十万円、お千に入ってくることになった。芸人村の連中は色めき立った。笑福などはこれを元手に故人の追善興行を開こうとする。宗二の姉染子は半丸と関係を持つ。宗二の店は火事で丸焼けになり、再建資金が必要だった。米丸などはもう有項天だ。が、そこへ子を連れた米太郎の妻と名乗る女が現れた。ウソではないらしい。米太郎が一言いいたかったのは、このことだ。長屋の連中が一度は追払ったが、金を受取ったお千の前に現れる。お千は米太郎の子のために、女に金をぜんぶ渡した。半丸は狂ったように怒った。宗二は自分も金につかれていたと反省し、お千の行為をほめ、長屋のものを説得する。追善興行は無事開かれた。舞台でパントマイムをやる宗二を見つめながら、お千はクラリネットを伴奏した。お千の美談を記事にしようと、新聞記者もやってきた。彼女の姿は清潔で、気高くさえ見えた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 104
チケット 前売りチケットを購入する