閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「王将一代」(1955)

80点80
北条秀司が1947年に発表した戯曲『王将』は新国劇で上演され、好評を博した。これに目をつけた伊藤大輔は翌年、阪東妻三郎主演により映画化。坂田三吉の名は瞬く間に全国に知られるようになった。この作品は、その後北条が発表した「続・王将」をも含め、辰巳柳太郎の三吉、島田正吾の入江名人という新国劇のオリジナル・キャストでの再映画化である。前作は入江名人(前作では関根名人)との対局中に妻・小春の訃報を知るところで終わっているが、今回は関西棋院の初代名人となり、日本棋院に絶縁されていた三吉が、20年ぶりに入江名人と対戦するまでの三吉の将棋人生すべてをカバーしている。

あらすじ

明治四十年のことである。大阪天王寺の裏長屋に、赤貧洗うが如き生活を続けていた坂田三吉は、将棋といえば妻子も家業も忘れ果てるほどの奇人であった。妻の小春はそうした三吉の性癖に苦しみながら、内職や日雇いに困苦の家計を支えていたが、ある日仏壇のお厨子を持ち出して将棋大会の会費を工面したときは、さすがに愛想をつかし、家出を決意した。三吉も駒を捨てようと覚悟した。その三吉を専門棋士にさせたのは、宮田と西村であった。それからの三吉は向うところ敵なく、大正五年には関東の覇者入江八段に全日本の王座を賭けて挑戦し、二連勝の後、第三局にも優勢を誇ったが、三日目の対戦中に妻の訃報を知り、盤面を涙で濡らすのだった。時は流れて大正十一年、すでに三吉は実力日本一と謳われていた。しかし東京の将棋連盟では無学な三吉に対し、学歴、経歴を理由に名人位を譲ろうとしなかった。そこで関西の三吉の後援会の人々は別に関西連盟を結成、三吉を初代名人につかせた。隆盛を続けた関西連盟も、次第に関東の日本棋院に圧倒され、有能な棋士を奪われて昭和十一年に崩壊のやむなきに至った。次女君子の世話で焦慮の日を送る三吉を、宮田は東京の入江名人と対局させた。第一戦は入江が勝ち、第二局も三吉の敗色は覆うべくもなかった。棋運は三吉を見捨てた。精魂を傾けつくしてもなお、三吉は幽鬼のように棋面から目を放さなかった。「将棋は罷めん!罷めへんで!」 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 116
チケット 前売りチケットを購入する