閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「指輪をはめたい」(2011)

画像

56点56
記憶をなくした独身男子の前に現れたのは、まったくタイプの違う3人の女性とひとつの婚約指輪。はたして彼はどの女性を選ぶ予定だったのか? 芥川賞受賞作家・伊藤たかみの同名小説を、『檸檬のころ』の岩田ユキ監督がレトロでポップな世界観で映画化。山田孝之の演じる主人公を翻弄する3人の女性たちを小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴が演じる。

あらすじ

実直な性格の片山輝彦(山田孝之)は、製薬会社の営業マン。バイクで営業先を周りながら置き薬を補充する仕事をコツコツ真面目にこなし、成績はトップを誇っている。だがある日、営業先のスケートリンクで転んで頭を打ち、気を失ってしまう。目が覚めた後、なぜそんな場所にいたのかさえ思い出せないまま鞄を開くと中から出てきたのは婚約指輪だった。一過性の健忘症と診断された彼は病院から抜け出すが、自分の頭から恋人に関する記憶だけスッパリと無くなっていることにまだ気付いていない。そして彼の前にまるでタイプの違う3人の女性が現れ、それぞれが輝彦の彼女のように振る舞ってくる。ひとりはクールな会社の先輩・智恵(小西真奈美)。東大医学部出身、頭痛・生理痛薬研究室の若きリーダーで、輝彦のお客さん用に漢方のアドバイスをくれたりもするよく気がつく完璧な才女だ。もうひとりは営業先の“メルヘン風俗モンデルセン”の人気No.5、巨乳でサバサバとしたグミことめぐみ(真木よう子)。セクシーな人魚のコスチュームを着て輝彦を貝の形のベッドに誘ってくる。そして最後は、公園で人形劇屋台をしている清楚で家庭的な和歌子(池脇千鶴)。彼女の人形劇は子どもたちに受けが悪く、生傷が絶えないために輝彦の会社の薬のヘビーユーザーだった。なんとか記憶を取り戻そうと、最初のスケートリンクに通ううちに、いつもいるスケート少女エミ(二階堂ふみ)に相談に乗ってもらうようになる輝彦。手元の婚約指輪は一体誰のためのものだったのか。結婚相手に相応しい女性は誰なのか。エミのアドバイスもあり、輝彦は悪いと思いつつもその答えを探るべく3人の女性たちと日替わりでデートを繰り返す。しかし会えば会うほどそれぞれに魅力的な彼女たちに目移りするばかりで、記憶が戻る気配もない。究極の選択に頭を悩ませていたある日、3人の恋人が一堂に会するという事件が起きてしまう……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 ギャガ=キノフィルムズ
ヘッド館 新宿バルト9
上映時間 108
公開日 2011年11月19日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する