閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「スキージャンプ・ペア/Road to TORINO 2006」(2006)

画像

【DVD発売中】

64点64
ジャンプしながらふたりで宙返りやコサック・ダンスなど数々の離れ業をし、それを大マジメに解説するナレーションが爆笑を呼び、国内外で話題となったCG作品の映画化。競技がトリノ・オリンピッグの正式種目に採用されたという設定の下、誕生から現在までをドキュメンタリー形式で綴る。

あらすじ

2006年2月開催のトリノ・オリンピックから正式種目となった“スキージャンプ・ペア”。だが、そこに至るまでの道のりは決して平坦なものではなかった――。そもそもこのとてつもない夢に挑んだのは、北海道工科大学の物理学博士・原田敏文であった。今から10年前、量子力学を専門にしていた原田は、相対性理論と超ひも理論を基礎とした“特殊飛行物体分裂論”、通称・ランデブー理論を発表。当初、学会からはその信憑性に疑問の声もあがったが、96年、マサチューセッツ大学のノーマン・ベイツ博士の実験によってその正しさが立証されると、彼はそれを応用して新競技、スキージャンプ・ペアを編み出し、双子の息子・昭則と道則にその夢を託した。兄弟の血の滲むような努力の甲斐あって、98年には人類初の有人ペア飛行に成功。やがて、世界中のスキージャンパーたちがそれに参戦し、2000年、FIJ(国際スキージャンプ連盟)も正式認可、翌年には第1回ワールドカップ・スキージャンプ・ペアが開催された。勿論、初代優勝者に輝いたのは原田兄弟ペアであった。以後、スキージャンプ・ペアは離れ技などが開発され、芸術性や独創性も採点に加味されるようになっていく。ところが2002年、昭則が交通事故で死亡、絶望のうちに道則もスキージャンプ界から姿を消す。更に2004年には、飛行中のスイスペアが突如消息を絶つと言う”バミューダ事件“が発生し、競技の無期限禁止命令が下ってしまう。しかしその年の暮れには、アスリートやファンの熱意によって競技再開。道則も、高校の後輩の大石とペアを組み復活を果たす。そして2006年2月、トリノ。大勢の観衆が見守る中、初の五輪金メダルに輝いたのは、兄の忘れ形見である甥っ子を使用し、華麗なる飛行を魅せた原田・大石ペアであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム=東宝=エイベックス・エンタテインメント=IDIOTS
上映時間 82
公開日 2006年1月28日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する