閉じるボタン

「いとはん物語」(1957)

【DVD発売中】

80点80
北条秀司の戯曲を溝口健二門下の成沢昌茂が脚色、伊藤大輔が監督した女性映画。不器量だが美しい心を持つ老舗の扇屋の娘の初恋と、その破局を情感たっぷりに描く。「羅生門」「地獄門」で国際的な名声を得た大スター・京マチ子が醜女に扮し、夢想シーンの中でのみ本来の美しい姿で現れるという趣向が興味深い。

あらすじ

大正の中頃、大阪西長堀界隈は老舗の集まり、中でも名うての“扇弥”の三人娘の中、長女のお嘉津は妹お咲、菊子とは似ても似つかぬ不器量だが美しい心の持主であった。稲荷祭へ三人揃って参詣の帰り、町内のドラ息子達にからかわれたお嘉津は、かねて思いをかけていた番頭の友七に救われる。これ以来、お嘉津の娘心はつのるばかり。友七が四国へ扇の地紙買附けに発った後、友達の結婚祝いの下書に、思わず“友七さままいる”と認めてしまうほどである。だが、この反古紙をみつけたおわさは、娘の秘めた恋人を知り、不器量なだけ、お嘉津の心をふびんに思う。早速、友七の兄が国許から呼寄せられ、彼にとっても弟の出世話ゆえ、ことはとんとんと進む。お嘉津にとっては夢のような日々が続く。ところが友七には心に定めた人−−同じ扇弥の小間使お八重がいた。だから帰ってきて、おわさに心を問われても即答を避けて引下る。女中仲間お幸の助けで、友七と会ったお八重は、いとはんの心中を思って身を引くというが、彼は「自分の心を偽って迄一緒になることは却っていとはんの美しい心を傷つける」と言いきる。だが、お嘉津の幸福そうな様子に言い出しかねている時、置手紙を残して八重は家出。手紙をお嘉津に手渡し、友七も彼女の後を追う。悲嘆にくれるお嘉津もやがて母親に向い「お八重と友七つぁんのこと、ええように計ろうてあげて……」と言い切り、そのまま物干へと出て行く。慟哭に堪えて立ちつくす彼女の心には、あの束の間の幸せが、しばし、よみがえるのであろう。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 大映=大映東京
上映時間 83
チケット 前売りチケットを購入する