閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「東京の人 前後篇」(1956)

0点--

あらすじ

島木俊三は出版事業建直しの金策に失敗して東京に帰って来た。俊三の家には、朝子、清の二人の子を持つ未亡人で、宝石デザイナーの白井敬子がいた。戦後、妻を失い一人娘の弓子を男手一つで育てて来た俊三と敬子は結ばれていた。朝子は新劇の女優で、同僚の小山の子を宿したが、小山の言葉で中絶の手術を受けた。本当は母親になりたかったのだが。俊三の会社に働く小林みね子も俊三を愛していた。彼女は意欲的な俊三に憧れ、会社の倒産を前に俊三に近づいて来たのである。敬子は俊三の娘の弓子を実の娘よりも可愛がっていた。俊三はある日、会社の金を持ち出して失踪した。またある日、敬子の前に新興成金の田部が宝石を求めに現われた。田部の弟の昭男は青年医師で、かつて弓子の盲腸手術に立ち会ったことがあった。昭男を知り、俊三を失った敬子は彼にひかれた。昭男もまた敬子の虜となった。清はいつか弓子を恋するようになったが、弓子は昭男を慕っていた。共同募金のため銀座に立っていた弓子は連れだって歩く敬子と昭男を見て心痛のあまり家出をしてしまった。清もまた母に対して批判的であった。昭男と敬子の間を気づかった田部は弓子と昭男の縁談を持って来た。敬子は女の宿命に泣きながら昭男の子をおろした。やがて俊三が病院にいることが判った。友人の家に泊っていた弓子は父を訪れたが、父娘の間には何か遠いへだたりが出来ていた。弓子が敬子、清の清の三人で再度病院を訪れた時、俊三はすでに退院して、みね子と一緒に去ってしまっていた。彼は一通の別れの手紙をベッドの上に残し、何んに希望をたくすことなく、都会の騒音の中に消えて行ったのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 126
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト