閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ドラゴン・イン」(1992)

57点57
明の時代、南京から遠く離れた辺境の地で、最高権力者である宦官ツァオによる悪政が人民を苦しめていた。それに抵抗すべく正義の戦士たちが決起。宦官派との激しい攻防戦の末、遂に“龍門の宿“で怒濤の死闘が繰り広げられる。正義の女剣士モウインにブリジット・リン、その恋人ワイオンにレオン・カーファイ、宿の女将シュンユクにマギー・チャンと豪華スターの競演が見もの。

あらすじ

明の時代、首都・南京から遙か遠くの辺境の地。女剣士・モウイン(ブリジット・リン)は、宦官ツァオ(ドニー・イェン)による独裁に抵抗した長官・揚(ヤン)の遺児たちを連れて国境を越えるため、砂漠の宿屋「龍門宿(ドラゴン・イン)」にたどり着いた。そこで、彼女の右腕で恋人のワイオン(レオン・カーフェイ)と合流する予定だった。宿は美しい女主人カム・シュンユク(マギー・チャン)が切り盛りしていたが、彼女は宿泊する男性客を色香でたぶらかしては殺し、その肉で料理した肉饅を名物としていた。ワイオンに続いて、ツァオの放った追っ手も到着した。二派が互いに牽制を続ける緊迫した雰囲気が宿に漂い、暗闘が続く。そして一行は豪雨で足止めにされ、さらに到着した政府の騎馬隊のため、八方ふさがりとなる。ワイオンは、宿から外に出る秘密の抜け穴を聞き出すため、彼に恋心を抱きはじめたシュンユクに求婚した。恋人ワイオンを信じながらも使命のために耐えるモウイン。結婚式の夜、突然の襲撃に部屋の明かりを消して戦うワイオンとシュンユクだったが、そうとは知らぬモウインはショックに身を震わせる。一方、ツァオは夜の闇にまぎれ大軍を率いてドラゴン・インの前に到着し、ワイオンたちの息の根を止めるべく手ぐすね引いて待っていた。戦いの火蓋は切って落とされ、激しい死闘が続く。シュンユクはワイオンに抜け穴を教え、一行は外に脱出した。モウイン、ワイオン、シュンユクは力を合わせ荒野を血で血を洗うすさまじい死闘の果てにツァオを倒したが、モウインは命を落とす。戦いは終わり、シュンユクはドラゴン・インに火を放ち、子供たちを連れて旅立ったワイオンの後を追うのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 新龍門客棧/DRAGON INN
製作年 1992年
製作国 香港
チケット 前売りチケットを購入する