閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「お染久松 そよ風日傘」(1959)

0点--
家に帰れば自分に首ったけの山家屋のドラ息子、清吉が待っているし、兄貴の多三郎は女遊びの金に困って晴着を盗み出すしで憂うつになってしまった油屋お染。占ってもらったところ、お染はまもなく世紀の大ロマンスを展開すると出た。お染は大喜びするが、金策に失敗した兄貴のせいで清吉と結婚させられるはめになり……。美空ひばりのミュージカル時代劇。

あらすじ

美しく飾った野崎詣りの舟がゆく。その中に一きわ人目を引く晴れ姿の油屋お染、丁稚の久松に舟をひかせてうっとりとしていた。久松の野暮な声で夢を破られたお染はクサって久松を池の中へドボンと落した。家に帰るとお染に首ったけの山家屋のドラ息子清吉が待っているし、兄貴の多三郎は女遊びの金に困ってお染の晴着を盗み出すし、お染は憂うつになってしまった。占ってもらうと、お染は間もなく世紀の大ロマンを展開するという卦が出た。折も折、二百両届けないと兄貴の命がないという手紙が舞い込み、油屋一家は大騒ぎ。久松の大活躍で解決してみると、金に困った兄貴が町のゴロツキと組んだお芝居だということが分った。世紀の大ロマンは本当に始まった。お染が久松の活躍ぶりに惚れ込んでしまったのである。久松には野崎村の実家に許婚のお光がいた。しかも金策に失敗した兄貴が悪旗本の鈴木弥忠太が質入れした家宝の刀を盗み出したので、お染は山家屋のドラ息子と結婚しなければならなくなった。実はこれも兄貴、ドラ息子、ゴロツキらの仕組んだ芝居だった。久松は土蔵へ押し込められた挙句故郷へ帰され、お光と結婚することになった。お染もドラ息子と結婚させられることになった−−しかし世紀の大ロマンはやはり本当だった。お染久松の野崎詣りの晴れ姿が見られたのはそれから間もなくだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 91
チケット 前売りチケットを購入する