閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「地獄の天使 紅い爆音」(1977)

【DVD発売中】

0点--
内藤誠監督、舘ひろし主演による青春アクション。舞台は横浜。組長を殺して警察と組の両方から追われる男と不良少女が出会うが、二人に明日はなかった。不良少女に扮する新人、入鹿裕子がユニークな個性を見せるが、本作のあと芸能界を引退した。

あらすじ

耀子は栃木刑務所を出所した。服役中の三年間、耀子は貢のことだけを考えていた。三年前、福生のライブハウスでロック・ギターを弾く貢と、カミソリヨーコという異名でとおっていた耀子は愛し合っていた。その貢が耀子の喧嘩にまきこまれ、ゴールド・フィンガーとまでいわれた左手小指を切りおとされたため、耀子は逆上し、相手を殺してしまった。「人殺し!」と貢は耀子にむかって叫んだ。福生へ戻った耀子は、ライブ・ハウスへ行くが、貢の姿はなかった。友人の朝子は横須賀に貢がいるという噂を聞いたと、耀子に告げる。耀子は横須賀に向った。耀子は、旧友の早苗のバーを尋ね、ホステスとして働き始める。ある日、耀子は小指のない男を見つけ、貢だと思い後を追うが、それは彼ではなく寒河江という男だった。寒河江は暴力団の組長を殺し、指名手配されていることを耀子に話す。人を殺した苦しさから逃れようと、寒河江は麻薬常習者となっていた。耀子は寒河江のために薬を求め早苗のバーを尋ねる。しかし、そこにいあわせた黒須という男に薬を飲まされ、犯されてしまう。数日後、復讐を誓い黒須のマンションに耀子は乗り込むが逆に殺されそうになる。そこえ寒河江が飛び込んで来ると猟銃で黒須を撃ち殺してしまった。二人は翌日、川崎のフェリーで会う約束をして別々にその場を去る。逃げる途中、耀子は偶然貢と再会し、その夜ホテルで二人は求め合った。耀子は寒河江の存在を貢に話す。翌朝、耀子が目覚めると貢の姿はすでになかった。川崎フェリー乗船場へ急ぐ耀子は、そこで、貢が寒河江を刺殺するのを目撃してしまう。貢は、暴力団に雇われ、寒河江を殺す命令をうけていたのだった。皮肉にも耀子は寒河江の猟銃で貢の命を奪わなければならない。その後姿には女の悲しみが漂っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1977年
製作国 日本
上映時間 78
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する