閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「《シネマ歌舞伎》京鹿子娘二人道成寺」(2006)

画像

0点--
日本が誇る伝統芸能、歌舞伎を映画館のスクリーンで楽しむ。そんな斬新な企画上映“シネマ歌舞伎“の第4弾は、女方舞踊の名演目である「娘道成寺」。坂東玉三郎と尾上菊之助という当代きっての女方が、ふたり同時に舞い踊った’06年2月の歌舞伎座での名演を、高性能HDカメラですみずみまで捉えている。玉三郎と菊之助のコラボ、そして舞台と映像のコラボを合わせて楽しみたい。

あらすじ

紀伊国の道成寺では、新しい釣鐘の供養が行われていた。道成寺の釣鐘は、恋人安珍を追いかけ、恋しさのあまり大蛇と化した清姫によって、鐘のなかに隠れていた安珍もろとも焼き滅ぼされていたのだった。そこへ白拍子花子(坂東玉三郎・尾上菊之助)が現れ、鐘の供養を拝みたいと頼む。舞を舞うことを条件に参列が許された花子は、さまざまに舞い、踊る。しかし花子は実は清姫の怨霊で、その昔安珍を匿い、自分との仲を隔てた釣鐘に恨みを残しているのだった。僧たちの油断を見澄ました花子は、やがて正体を現し……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 東劇
上映時間 71
公開日 2007年1月13日(土)公開
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する