閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「続 禁男の砂」(1958)

0点--

あらすじ

東京で銀行強盗を働いた上田と武夫は、武夫の故郷輪島へ渡った。上田は生物学者というふれこみで、しばらくホトボリをさますつもりだった。奪った七百万円のつまったトランクは、海女も寄りつかぬ竜神ケ淵の洞穴へかくした。海女の久子は上田にひかれた。同僚の松子もはり合った。研究材料と称するヒトデを、鮑はそっちのけで、上田に集めてやる。村人たちは上田を学者先生と思いこみ、村の祭りの祭主になってもらった。祭の日、警官がやってきた。が、それは上田らを捕えにきたのではなかった。上田は久子と踊ったのち、彼女を抱いた。武夫が一度久子が竜神ケ淵に近づいたので、口止めのため抱けと言ったのだ。しかし、上田は本当に彼女を愛していた。が、彼女に淵へ近寄らぬと誓わせた。しかし、久子は上田のためにヒトデを集めようと、淵へもぐった。彼女はトランクを見つけ、その中味を知った。駈けつけた上田を責めても遅かった。二人は愛し合っていたのに。−−久子の妹芳枝は、上田の持ってきた潜水具を使って姉のためとこっそり、淵へもぐった。事故が起り芳枝は再び浮き上らなかった。その葬式の日、彼女の若い夫は上田をなぐり倒した。恨んでいたのだ。久子は上田のことをぜんぶ話してしまおうとした。が、どうしても出来ない。傷心の上田は輪島を離れ、和倉温泉へ行った。久子が追ってきた。二人が輪島へ戻ったとき、久子の父剛二郎は病気だった。破傷風だ。その血清は本土にしかない。ちょうど嵐になる。上田は素性を明すことで、本土から警官を呼び、その保安庁の船に血清を積ませようとした。それを阻止しようとした武夫は、上田と争った末、灯台から落ちて死をだ。−−血清が着き、病人は助かった。上田は警官に連れられて、船へ乗りこんだ。「待ってる、いつまでも。」久子はそのまま立ちつくした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 107
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト