閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「コアラ課長」(2005)

画像

【DVD発売中】

33点33
『えびボクサー』『いかレスラー』に続いて名物宣伝マン、叶井俊太郎が放つ動物映画の第3弾。今度はコアラを主人公に、ある猟奇殺人事件に絡む国際的陰謀が描かれる。サイコ・スリラー、韓流的純愛、格闘アクションなど、着ぐるみの脱力感を遙かに凌ぐ怒濤の展開に圧倒させられる。

あらすじ

ラブルス漬物株式会社の企画課のサラリーマン、田村はどこにでもいるごく普通のコアラ課長。だが、彼を突然の悲劇が襲う。恋人の阿部洋子(エリローズ)が自宅で惨殺したいとなって発見され、その容疑が彼にかけられたのだ。刑事・小野(野村宏伸)は6年前に田村の妻・由加梨(エリローズ、二役)が失踪していたという事実を知り、田村を快楽殺人鬼と決めつけ執拗に取調べを行うが、決定的な証拠はみつけられなかった。田村は妻が失踪した前後の記憶を喪失しており、精神科医の野中(黒田アーサー)のカウンセリングをうけていた。やがて、田村は野中から驚くべき事実を知らされる。それは、田村はかつて家庭内暴力の末、妻の由加梨を殺害してしまったが、会社を守るために部下に死体を遺棄させ、催眠療法で殺害の記憶を消したというとても信じられない話だった。しかし、連続殺人事件の裏には100年の怨恨が生んだ驚くべき国際的陰謀が潜んでいた。そして、さらなる猟奇殺人事件が発生する。果たして田村は本当に猟奇連続殺人コアラなのか? 妻・由加梨の失踪の謎は解明されるのか? やがて、物語は急転直下、誰にも想像できない驚愕のクライマックスへと突入していく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 トルネード・フィルム=「コアラ課長」製作委員会
上映時間 86
公開日 2006年1月14日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する