閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「重役の椅子」(1958)

0点--
源氏鶏太の小説を“サラリーマン出世太閤記“シリーズの筧正典が映画化。極東商事の総務部長が急死し、総務部次長の船田は葬儀の準備中に彼がやり残した仕事を片づけなければならないほどの忙しさ。そのなか彼は部長の愛人と出会い、妻子がありながら彼女の友人、英子と恋に落ちてしまう。

あらすじ

極東商事の総務部次長船田は、家族連れで熱海へ出掛けるところだったが、そこへ総務部長の相川が脳溢血で急死したとの報があった。船田は早速会社へかけつけ、葬儀の準備にとりかかったが、塚越社長は相川が生前から契約を結びかけていた関西物産との契約締結のためすぐ大阪へ立つ事を命じた。汽車の中で彼は一人の女性から言葉をかけられた。女は相川の二号で彼と大阪へ行く予定らしかったが、船田から相川の死を聞いて呆然とした。船田は契約を好条件でまとめ帰京したが、彼の手腕を認め、ねぎらってくれるのは専務の立花だけだった。数日後、遺品整理の折、相川の抽斗から和田竜吉名儀の貯金通帳を発見した船田は、車中の女性和田きみ子のアパートを訪れた。そこで彼はきみ子と親しい英子という女性を知った。歌声喫茶に勤めている明るい娘で、やがて二人は逢瀬を重ねるようになってしまった。立花と愛妓松栄、船田と英子の二組のカップルは熱海に出かけた。楽しかるべきこの旅行も、松栄の胃痙レンでおジャンとなり、帰りの汽車の中で、船田は高田工業の宮本青年と出会ってしまった。高田工業に勤めている相川の娘音子は、宮本からこの言葉を聞き、もしや船田が父のような間違いを……と心配し船田に問いただすのだった。何となく後めたい気持の船田は、英子とお互いに傷つかないうちに別れることを決心した。塚越は船田を大阪支店に左遷させようと企んだが、バーに勤めるきみ子の口からすべての事実を知った竹山会長は、立花を社長に船田を総務部長に就任させた。英子からきみ子が船田の昇進に蔭ながら尽力したことを聞いた船田は、アパートを訪れたがきみ子が竹山の二号になって姿を消したのを知った。音子と宮本青年が結ばれるのもあまり遠くではないようだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 104
チケット 前売りチケットを購入する