閉じるボタン

「まむしの兄弟・お礼参り」(1971)

【DVD発売中】

67点67
本州で、一家をかまえる藤島組の親分が、レジャーランドを建設しようとする兵頭組の申し出を断り暗殺される。政は藤島の娘・あきに一目惚れ。惚れた勢いで、いやがらせを続ける兵頭組へ、マシンガンで武装したまむしの兄弟が殴り込みをかける。

あらすじ

州本で一家をかまえる父竹之助が、自分の縄張りにレジャーランドを建設しようとする兵頭組の申しでを断わったために暗殺されたことを知った京一は政と勝の助けを借て脱走を計るが失敗し殺されてしまう。刑期を終えた政と勝はこれが縁で藤島組にワラジをぬぐことになった。早速二人は兵頭が経営するソープランドに殴り込みをかけ意気揚々と引きあげるが、京一の姉あきは、素人衆にまで迷惑をかけたと怒り、二人は仕方なく一家を後にする。しかし、あきに未練のある政は、あきの危機を知ると駆けつけて大暴れするが、そこへ、京一の死に水をとった大阪大同会幹部二階堂が現われ、さしもの兵頭も引きさがるしかなかった。腹のおさまらないのは政で、二階堂に喰ってかかるが、かなう筈もなかった。焦った兵頭は最後の手段としてあきを人質にした上、二階堂を闇討ちにしてしまった。二階堂の死によって大同会の助っ人が州本に向う。助っ人がくるまで兵頭を叩くことが男を売るチャンスとばかりマシンガンで武装した二人が兵頭組に殴り込みをかけた。二人の活躍はめざましく、ついに兵頭を追いつめ、とどめを刺した。夜明けの太陽が海岸を照らし始めた頃、二人は意気揚々と十四回目の懲役に向うのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
製作国 日本
配給 東映京都
チケット 前売りチケットを購入する