閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「次郎物語〈1941年〉」(1941)

0点--
秀作「風の又三郎」を監督した島耕二が、宮澤賢治に続いて下村湖人の名作に挑んだ作品。村の旧家に生まれた次郎という少年が波乱に富んだ生活の中で大人へと成長していく過程を描く。館岡謙之助の脚本が原作をうまくまとめており、島耕二の演出も手堅く清らかな作品である。マンドリンを生かした伴奏音楽が斬新な効果を出している。
製作年 1941年
製作国 日本
配給 日活多摩川
上映時間 79
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト