閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「《シネマ歌舞伎》坂東玉三郎・鷺娘」(2006)

画像

70点70
海外でも上演されるなど坂東玉三郎の代表作として知られる舞台「鷺娘」を、最前列の客席で体感するように味わえる1編。恋する女の明暗を、流麗な動きひとつひとつで積み上げていく様に圧倒される。『日高川入相花王』を同時上映。

あらすじ

しんしんと雪の降る水辺の柳の下に、蛇の目傘を差した白無垢の娘がひとり佇んでいる。娘と見えたのは、実は白鷺の精(坂東玉三郎)。やがて、鷺の精は美しい町娘に転じ、その恋心を様々に見せていく。だが、その想いは叶うことなく、再び鷺の姿となった娘は地獄の責め苦に苛まれ、いつしか倒れ伏してしまうのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 31
公開日 2006年4月15日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する