閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「銀座二十四帖」(1955)

【DVD発売中】

75点75
和歌子は幼い頃、五郎という放浪家に少女像を描いてもらった。画家との再会を夢見る彼女は、その絵を銀座の画廊に持ち込むが、現れるのはニセ者ばかり。そんな折、花屋のコニイが、画家の正体は実兄の三室戸五郎であり、さらに、麻薬密売にかかわる和歌子の別居中の夫がその名を名乗っていることを知る……。風俗小説家として人気を博した井上友一郎の原作を川島雄三が映画化。

あらすじ

京極和歌子は少女時代、奉天で、今ではただ五郎としか記憶がない放浪画家に“少女像”を描いてもらった。この絵にはGMとだけサインがある。画家との再会を夢見る彼女は、その絵を銀座の泰西画廊に持ちこむ。まもなく桃山豪という画家が名乗り出たがやがて第二の男が名乗り現われ、桃山はニセであることがわかる。第二の男はプロ野球のスカウト三ツ星五郎であるが、彼も怪しい。一方、銀座の顔役で花屋を経営している三室戸完こと通称コニイは、この事件の最初から和歌子に異常な関心を示していた。彼女は夫の克巳がヒロポン密造の事業に関係しているのを嫌って、一人娘珠代を大磯の自宅に残したまま別居しているが、そこへ突然大阪から姪の仲町雪乃が上京して来た。ある日、コニイは子分ジープの政のことからバー「キャロル」の連中と大乱斗を演じ留置場へ放りこまれるが、その中でバーのマスターからGMという名は三室戸五郎のことで、大陸からの引揚者で年は四十才前後ということを聞き驚く。コニイの実兄だったのだ。翌朝釈放されたコニイはやがて、和歌子に花屋を手伝ってもらうことになった。和歌子も彼の店で働くことに生き甲斐を感じた。ところが三ツ星から和歌子は三室戸五郎の妻だといわれ、コニイは二度吃驚し、果して兄か否かその男と対決しに行く。ところが、意外にもそれは三室戸五郎の昔の親友であり、現在和歌子の夫である克巳であった。兄の名をかたってポンや麻薬を密売している憎い男と思った時、すでに克巳の背後に警官隊の包囲が迫り、克巳は自殺した。和歌子は、コニイと再会を約しながらも、銀座を去って行くのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 117
チケット 前売りチケットを購入する