閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「(秘)女郎責め地獄」(1973)

100点100
日活ロマンポルノを代表する異色コンビ田中登=田中陽造が絢爛な映像美で社会の底辺に生きる女と男を描き、性の解放をうたう傑作。舞台は江戸時代の裏見世。女郎おせんは一緒に寝た客が3人続いて死んだことから“死神“と仇名され、吉原から落ちた器量よし。そんな彼女と、彼女に想いを寄せる枕絵師、人形使い、ヤクザ者のヒモとの交情をニヒルなコメディ・タッチで綴る。特に人形使いがおせんを人形に見立て、初めて女を抱くシーンの様式美は本編中の白眉。ドン底の境遇でも優しさとバイタリティーを失わないヒロイン・中川梨絵の奇妙な明るさが印象的。田中登は本作で監督協会の新人賞を受けた。

あらすじ

おせんは器量よしで、吉原時代には相当の売れっ妓だったが、彼女の客が三人相次いで変死したことから“死神おせん”の仇名がつき、裏見世まで落ちていた。だが人の噂で、酔客にまで恐れられ、ここでも彼女を相手にする客はなく、まるで掃き溜めに鶴のような存在だった。だがただ一人、イカサマ博奕をしている小悪党の富蔵だけが、情夫きどりでおせんのもとに通いつづけていた。おせんは富蔵の口ききで、枕絵師・英斉のモデルに何度かなっていたが、ある日、英斉の家からの帰り道、不逞の輩たちに襲われ、近くの墓場へ連れ込まれた。驚いたことに、彼らの後で絵筆を持った英斉が不逞の輩たちをケシかけている。最後には富蔵もおせんに襲いかかった。事が終った後、さすがのおせんも、ふらつく腰をどうすることもできなかった。帰路、おせんは道端で心中未遂をして晒しものになっている若い男女を見た。粂蔵とお蝶の二人である。おせんが家に辿りついてすぐに見知らぬ男が訪ねて来た。お蝶の兄で清吉と名乗ったその男は、おせんがお蝶を見た時「きれいな眼をしているねえ」と言ったのを聞いて後を付けて来た、と言うのである。そしてお蝶は盲目であるというのである。お蝶は浄瑠璃語りの三味線弾きで、梅吉という男と恋仲だったが、横恋慕した粂蔵がお蝶を犯したことから、こんな事になってしまった、と清吉はおせんに話した。翌日も清吉は来た。だが、彼が実は梅吉だった。女を抱いても燃えない彼は、お蝶を抱く勇気がなかったのだ。そんな梅吉は、おせんに人形になってもらい、人形を操つるようにして、始めて女を抱くことができた。男として初めて自信のでた梅吉は、おせんを女房として上方へ連れて行こうと誘った。その夜、富蔵がイカサマ博奕がバレて、おせんの家にころがり込んで来た。さらにその夜、女郎の一斉取り締まりが行なわれた。おせんと富蔵は女郎仲間のお松に隠れ穴を教えられ何とか危機を脱するが、その中で富蔵は息を引き取った。梅吉との約束の時間は既にすぎていた。約束の場所に急ぐおせん。だが、すでにその場には梅吉はいなく、人形の頭におせん宛の手紙が置かれてあった。「大阪でお待ちしてます……」 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 77
映倫 R18+
チケット 前売りチケットを購入する