閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「桃中軒雲右衛門」(1936)

80点80
明治時代に一世を風靡した実在の浪曲家・桃中軒雲右衛門の半生を描いた真山青果の同名原作を、成瀬巳喜男監督が映画化。雲右衛門の妻・お妻の存在に重点が置かれ、夫の出世に献身的に尽くす妻を描いた女性映画ともなっている。主演の月形は吹き替えなしで浪曲を実演、細川ちか子の抑制された演技も素晴らしく、翌年、成瀬夫人となる千葉早智子が華やかな彩りを添える。
製作年 1936年
製作国 日本
配給 P・C・L
上映時間 73
チケット 前売りチケットを購入する