閉じるボタン

「限りなき舗道」(1934)

75点75
アパートで共同生活をする二人の女給のめまぐるしい運命の変転を描いている。北村小松の新聞連載小説の映画化。他の監督のための企画であったが、誰も引き受け手がないまま成瀬に押しつけられたもので、これを最後に彼は古巣の松竹を離れて東宝の前身であるP・C・Lへと転じ、終生同社のもとで製作するようになった。渋谷実、山本薩夫が助監督についている。
製作年 1934年
製作国 日本
配給 松竹蒲田
上映時間 87
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する