閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「白磁の人」(1957)

0点--

あらすじ

鈴井鹿子は親友石山室子や三原槙子と山中湖へ赴いた折、青年実業家佐伯と知り合う。ドンファンの彼は、歓心を買おうと高価な真珠のネックレースを贈る。潔癖な鹿子は早速、返しに行く途中、事業の不振で債権者登根への返済金に苦慮する父善介に会い、ネックレースを盗まれてしまう。だが気弱な父が、悪いと知りつつ手を出したと判れば、父の窮状をよそに遊び歩く派手好きな義母照代の方がうらめしい。一方、佐伯は商用で大阪へ向う列車で、かつて関係のあった女給喜絵が急病で苦しんでいるのに逢う。乗り合わせた医師五藤の手当で事なきを得たが、佐伯は五藤の看護婦元羽つね美に魅了される。とも知らぬ鹿子は、父のため佐伯に借金を申込むが確答は得られない。程なく、槙子が自動車事故で五藤とつね美の病院に入院。見舞いに通う鹿子が男らしい五藤に好感を抱き始めた頃、登根の甘言に乗った照代が突然家出する。鹿子は喜絵と連れ添う佐伯を見、難詰したが、逆にネックレースを返せと居直られてしまう。鹿子はミス・コンテストに応募、賞金で買ったネックレースを佐伯に叩きつけたが、出場を快く思わぬ勤務先の洋裁店“ルック”の主任、黒木佐賀子に馘を申し渡される。鹿子に眼をつけたのは佐賀子のパトロン中峰昭行。好色な彼は鹿子を秘書に採用し、怒った佐賀子は鹿子に、中峰の脱税の祕密をアバくと脅迫。鹿子の連絡で佐賀子と交渉に赴いた長男衞は淫らな態度にたまりかね飛び出す。鹿子は中峰の出張先名古屋へ赴く前、五藤に愛情を打明けようと下宿を訪ねたが、つね美の存在に云い出しかね、そのまま出発。名古屋の旅館で本性を現わした中峰は彼女に挑むが、佐賀子の密告で警察の手が廻ったという急報で虎口を脱する。帰京した鹿子は再び五藤を訪れるが、彼のつね美に対する愛情を悟り悄然と病院を出て行く。前非を悔いた照代も再び家族の許へ戻る。数日後、室子と想い出の山中湖へ遊びに出かけた鹿子は、室子も一頃世話を受けていた石油会社の社長宗方と別れたと知り、だがくじけずに明るい人生を貫こうと誓いあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 92
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト