閉じるボタン

「下町の太陽」(1963)

【DVD発売中】

66点66
山田洋次の2作目にして初の長編映画(デビュー作の「二階の他人」は60分に満たない実験作だった)。下町、荒川沿いの町工場ではつらつと働く町子。彼女には出世欲に燃える恋人がいたが、だんだんと彼の利己的な生き方についていけなくなる。そんな時、口は悪いがひたむきに生きる青年・良介と出会い、次第に心惹かれていく……。倍賞千恵子の歌う同名大ヒット曲に便乗した歌謡映画だが、下町の庶民の思いを伝える山田洋次らしい生真面目な作品になっている。役者の演出にはこの当時から目を見張るものがあり、特に恋人同士の会話シーンでの表情、仕草の芝居のつけ方は天下一品。

あらすじ

荒川の流れにそって貧しい家並が密集している東京の下町、寺島町子は化粧品工場の女工として働いている。母は亡くなり父、祖母、弟二人の家庭は明るく平和である。同じ工場で働く恋人の毛利道男は丸の内本社に勤めるサラリーマンを夢みて、正社員登用試験の勉強に励んでいた。毎日の通勤電車にいつも一緒に乗り込んで町子を見つめている不良っぽい工員たちがいた。彼等は北良介たちで、町子の弟健二ともつき合いがあるという。その健二が万引事件で警察沙汰を引きおこしたので、町子は鉄工場の良介を訪ねた。彼は健二を理解しており町子の危惧に背を向けて一心に機械と取り組んでいた。その姿に町子は思わず感動をおぼえた。その頃、正社員登用試験の結果が発表されたが、道男は次点で不合格となり、自信満々だっただけにショックは大きかった。同僚の金子が要領がよくて合格したのを散々コキおるす道男の心には町子の慰めも通ぜず、二人の間には空虚な数日が流れた。公会堂で開かれたダンスパーティの夜、良介は町子を誘って外に出ると前から好きだったことを告白したが、彼女に恋人がいることを聞かされて淋しそうに帰って行った。数日後、颯爽と自動車を運転していた金子は老人を轢ね、これを道男が会社に連絡したため金子の正社員登用は取り消され、道男が採用されることになった。道男は早速町子と逢って結婚の約束を急いだが、町子は道男のとった態度を素直に受けいれることが出来なかった。町子は彼に言った。「あなたは結局は下町を出て行く人よ、でも私はここにいたいの、いつまでも」やがて、下町にまた太陽が昇って町子は通勤の満員電車にゆられている。その片隅に真剣なまなざしの良介がいた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する