閉じるボタン

「川のある下町の話」(1955)

【DVD発売中】

0点--
下町のS大附属病院のインターン・義三は川に落ちた少年を救ったのが縁で、その姉のふさ子と知り合う。両親を亡くした彼女は、パチンコ屋で働く貧しい娘だったが、いつしか義三との間に愛が芽ばえていく……。『婦人画報』に連載されて人気を博した川端康成の原作の恋愛もの。

あらすじ

川のある下町の一角にあるS大附属病院のインターン栗田義三は、川に落ちた和男という子供を救ったのが縁で、その姉のふさ子を知った。両親の亡いふさ子はパチンコ屋で働く貧しい娘だがいつか義三との間に強い愛情が生れていった。義三の伯父千葉泰介は、この町に病院を建て、ゆくゆくは義三を娘桃子の婿にしようと考えていた。和男は風邪から肺炎になり、義三の手当も空しく死んだが、丁度その頃、病院建築のためふさ子の住むバラックはとりこわされた。パチンコ屋に住み込んだふさ子は、店主の息子洋一にいい寄られて居たたまれず、義三の下宿を訪れた。義三は同僚の民子に、ふさ子の宿を頼んだが、彼を秘かに愛していた民子はこれを拒んだ。ふさ子は義三の下宿で楽しい二日を過したが、彼の留守中に桃子が訪ねて来て、身の潔白を疑われた。打ちひしがれたふさ子は書置して去った。義三はふさ子の行方を探しながら、一番不幸な人達の医者になろうと決心し、貧しい者達の施療に励んだ。つてを求めて福生の町でダンサーとなったふさ子は、打ち続く不幸やキャバレー勤めの辛さに神経がそこなわれていった。ふさ子はキャバレーを逃げ出して、もとの町に辿りつき昏倒した。S大病院で、ふさ子は義三に脈を見られても顔も分らなかった。民子も桃子も、ふさ子に対する義三の強い決意に心うたれた。今は周囲の温い理解のうちに、ふさ子は全快の日を待つばかりである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 107
チケット 前売りチケットを購入する