閉じるボタン

「花の特攻隊 あゝ戦友よ」(1970)

【DVD発売中】

0点--
太平洋戦争末期、戦火の中に消えた特攻隊の悲劇を描く。若き杉良太郎の主演作で、彼が演じる特攻隊員の死をめぐって、その母との絆、悲恋など、悲壮な青春を映し出した一編である。杉にとっては日活入り15本目の作品で、これを最後にフリーとなり、TV時代劇のスターとしての道を歩んでいく。

あらすじ

昭和十八年。戦局はすでに日本の不利に展開していた。父の戦死の報をうけた浜村真吉は嘆く母や恋人の三保を残し、学友の田川や内藤とともに土浦の海軍航空隊に志願した。土浦での苛烈な規律と訓練のなか、田川が練習機で墜落死した。やがて、同期の桜たちとともに、海軍飛行少尉を拝命した真吉は鹿屋基地に配属された。ここでの特攻教育はさらに厳しいものだった。その頃、三保が真吉に逢いたい一念で、准看護婦として、海軍病院へやってきた。彼女の烈しい愛に、真吉は困惑したが愛するがゆえに不幸にすることはできないと、出撃するのだった。だが、皮肉にも彼の機は故障し、傷ついて病院に運びこまれてしまう。病室の窓から次々と飛び立つ特攻機をみることや、懸命に看護する三保の存在は真吉に重くのしかかった。傷が癒えた真吉は、歴戦の勇者秋山少佐の部隊に編入された。この部隊の機はすべて母機を離れたら最後、絶対に生還出来ない自殺兵器「桜花」を抱いていた。基地への敵襲は、連日惨を極め、広島、長崎に原爆が投下されたが、出撃命令はまだおりない。皆眼を血走らせて秋山隊長の下知を待った。そして、八月十三日未明、出撃の時がきた。真吉は、秋山隊長の一声のもと、先に散っていった戦友たちのあとを追った。その表情はなぜか、晴れやかにみえた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
上映時間 95
チケット 前売りチケットを購入する