閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「真昼の花」(2005)

0点--
『空中庭園』も劇場公開となった人気作家、角田光代の同名小説を映画化した人間ドラマ。放浪する兄の行方を追う孤独な妹が旅先での経験を通し、自分自身を再生させていく。人気ボーカリストの小林桂やサックスプレイヤーの梅津和時など、ジャンルを越えて抜擢された異色キャストが注目だ。

あらすじ

母、兄と平穏な暮らしをしていた“私”(森下千里)だが、ある日、兄がバックパッカーとなって南の島に移住する。その数年後、母が急逝する。たったひとりになった“私”は、このまま平凡なOLとして暮らしていくことに疑問を覚え、兄を追いかけて、自らも南の島・沖縄に向かう。しかし、謎の女性(大西麻恵)と遭遇した直後に“私”は有り金のすべてを失くしてしまい、彼女が盗んだのではないかと疑いながらも無一文となってしまう。残りの金で、あと何日暮らせるだろうか? そんな“私”に街で声をかけ、食事をおごってくれた謎の男(黒田アーサー)。彼の真意がどこにあるのかは、まったくつかめない。しかし、彼とコミュニケーションをとっていくことで、“私”の中で何か大きなものが動き出す。“私”に大きな影響を及ぼす者は、他にもいた。先輩の女性バックパッカーの、アキコ(伊藤裕子)だ。放浪のダイバーである彼女は、安宿を探したくて“私”に接触してくる。アキコに相通じるところがあり、“私”たちは宿をシェアすることになる。数日の日々が経ち二人の関係に変化が出てきて、やがてすれ違いが起こってくる。そして、想像だにしなかったことが、二人にふりかかる。また、鉄くずとコンクリートの塊に囲まれた廃墟に住む人々とも“私”は出会う。世間から隔絶された場所で、独自のリズムで生きる彼らと触れ合うことで、“私”のリズムも次第に変化してゆく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 カエルカフェ
上映時間 93
公開日 2005年10月8日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する