閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「日本ゲリラ時代」(1968)

0点--

あらすじ

生粋の日本人だが、清国人に育てられたため徴兵令を受けた金太は、昔の恋人雪子に逢いたい一心で日本に密航。上陸した金太は新宿をうろうろするうち、フーテン族のハプニングに巻きこまれ、留置場に入れられた。同じ留置場に入れられたヤクザの忠太郎や女優の紅魔子は、金太密航の次第を知り、助力することになった。だが、やっと見つけた雪子は街の女に転落していた。ガックリする金太を慰めたのは魔子だった。そのころ、雪子探索に金太を助けたフーテンのハゲバラは、文明否定論をぶち、人間を疎外する物質文明に対してゲリラ戦術をとれ、と主張していた。だが、金太は密抗がバレて、逮捕されてしまった。翌日、魔子、忠太郎、ハゲバラたちは、金太奪回作戦をたてた。彼らは奇略を使ったゲリラ作戦でまんまと金太奪回に成功し、また清国の軍艦を奪って、南方洋上の一孤島に向った。彼らは他のフーテンと共に文明世界を脱出して、人間らしい原始生活を営もうとしていた。やがて、ある孤島に着いた金太たちは、その島をフーテン共和国と命名し、フリーセックスはもちろん、ロビンソン・クルーソーのような生活を始めた。だが、魔子はフリーセックスについて行けず悩んだ。そんな魔子に金太、忠太郎、ハゲバラはすっかり惚れてしまい、自由の楽園のはずの孤島にも、暗雲がただよい始めたのだ。魔子はやっとフリーセックスを決意したが、ハゲバラはそんな魔子を愛するあまり、絞殺し、死体を舟に乗せて海に流した。ハゲバラは泣いた。そして、金太と忠太郎も、この楽園を去っていった。時あたかも、世界はいま、第三次世界大戦に突入しようとしていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト