閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「エノケンの拳闘狂一代記」(1949)

0点--
多作、早撮りで有名な渡辺邦男の、当時しばしばコンビを組んでいたエノケンものの1本。実の父が子供に真実を語ることができないために起こる騒動を描いた父性愛喜劇だが、エノケンの軽やかな身のこなしが生かされず、表情のみに頼った演技になっていると批評された。

あらすじ

大正時代も末近く、拳闘界の人気者江之吉は好きな酒のためなら勝つ試合も捨てるという八百長の名手で、今日も不死身の鉄との一戦をゆずり敗戦の祝杯で良い気持ちの所へ女房が死んだという報せが来る。江之吉はヤクザな自分が父親では将来肩身が狭かろうと一人息子の道夫を幼友達おぎんに預ける。そして七年、江之吉は相不変の八百長商売、恋人愛子にすごい所を見せたいという金田と八百長の一戦を約束するが、道夫が熱心に声援するので江之吉は金田を伸ばしてしまい、八百長のやり直しでやっと成功する。しかし江之吉はヤクザな生活をしている自分に愛想がつきて首をつろうとするが、道夫に見つかって不成功に終わる。がとにかく堅気になろうと決心する。そしてまた二十年、おぎんと隣同志で飲み屋を始めた江之吉の所へ、大学生となった道夫が親のすすめる縁談を嫌って家出したケイ子を連れて来る。結局ケイ子は江之吉の店で働く事になった。やがて道夫が学校を卒業する時が来たが、拳闘家になりたいという道夫の希望を聞いて江之吉もおぎんも驚いた。ひどい目にあわせたら希望も捨てるだろうと江之吉は道夫にクラブで試合をさせるが、道夫は相手をKOして効果なし。一方道夫とケイ子の仲は結婚という所まで進行中であった。そこへケイ子の父親がケイ子を探して現れたが、何んと江之吉が昔八百長で知り合った金田である。金田はクラブの顧問で道夫の腕に惚れ込んでいたし結婚には賛成してくれたが金田夫人の愛子は父なし子と娘の結婚は反対だという。今日は道夫の選手権試合、客席には考えを変えた愛子も拳闘に反対した江之吉とおぎんの顔も見える。試合は簡単に道夫が勝った。うれし泣きの江之吉の側へ道夫は“お父さん”と走り寄った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1949年
製作国 日本
配給 新東宝=エノケンプロ
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る