閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「歌うエノケン捕物帖」(1948)

0点--
エノケン主演の歌謡コメディ。エノケンが江戸の街で唄を歌いつつ仕事に励む篭かきに扮し、ふとしたことで目撃した犯罪捜査に協力する。自分の相棒が想いを寄せる女を脅していた人物が、悪玉の親分だと分かり……。エノケンの相棒役を歌謡界の大スター・藤山一郎が演じたことでも話題となった。

あらすじ

江戸の町にうたをふりまきながらかせぐかごかき権三と助十の朗らかコンビ、権三は男まさりの女房おさきに悩まされている。助十はおしげを愛しているがおしげは兄清太郎が上方へ行っている間病身の父清兵衛をいたわって苦しい生活を続けているので仲々夫婦になれない、そこへもってきて悪侍三十郎が借金をたてにおしげをねらっているので助十も気が気でない。清兵衛が米屋へ金の工面を頼みにいった夜、そこへ強盗が入って隠居は殺される。そこの廊下で偶然帰って来た清太郎に出会した清兵衛は彼が下手人だと思って罪を自分で負ってひかれて行く。権三と助十はその夜現場で下手人をみかけており、一時はおく病でしり込みした権三もおさきに励まされて下手人捜査に協力する。占い師に方角を聞いて探し歩いた権三は不可思議な「伺い所」にたどりついたが、それこそ賊の本拠だった。しかも賊の盟主はあの悪侍三十郎だった。一味は捕らえられ、三十郎は替玉おさきを使った偽の祝言の席で一味の黒幕の怪人物と共に捕らえられる。いよいよ幸福になる助十とおしげを囲んで権三、おさきを中に長屋の人々は朗らかに合唱する。清兵衛が牢内で無実の罪のために病死したことは不幸だったが、一同の顔は明るい。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1948年
製作国 日本
配給 新東宝=エノケンプロ
上映時間 43
チケット 前売りチケットを購入する