閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「GO!GO!GO!/ゴー・ゴー・ゴー」(1966)

【DVD発売中】

0点--
E・プレスリー主演の青春ドラマ。海軍の潜水夫テッドは、機雷除去中に財宝を積んだ沈没船を発見。持ち主は船長の子孫で、若い芸術家のパトロンをしているジョーという美しい女性だった。テッドはジョーの美術館設立のために財宝の引き上げを引き受けるが、お宝を狙う者が現れ、争奪戦に巻き込まれる。プレスリーの歌を全編に散りばめ、ロマンスと冒険の心踊る物語が展開する。

あらすじ

テッド・ジャクソン(エルヴィス・プレスリー)はアメリカ海軍のフロッグマンであった。彼はある日、海中に残っている機雷を不発にする作業をしていた時、数10年前に沈んだ“ボート・オブ・コール”の船体の中に宝物の錨のようなものを発見した。そこでテッドはその船の船長の子孫のたった1人の生き残りだというジョー・サイミントン(ドディー・マーシャル)を訪ねた。ジョーは若い前衛芸術家たちのパトロンをしている素晴らしいグラマー・ガールであった。彼女の話によるとその船が積んでいたのはコーヒーとスペインの金貨ということだった。テッドは海軍を除隊になると、親友のジャッド・ホイットマン(パット・ハリントン)を誘って海底の金貨を引き上げる計画をたてた。ジョーはテッドが船の金貨を狙っていると知って軽蔑したが、引き上げた金貨を彼女の友人のためのアート・センターを作る資金にするならとテッドを手伝うことにした。その頃、1隻の船が港に現れた。それにはディナ・ビショップ(パット・プリース)という美人とそのボーイフレンドが乗っていた。彼らはテッドが機雷の作業をしていた時ひそかに写真を撮りまくり、金貨の秘密をかぎつけ、先まわりしようと企てたのだった。そしてテッドとディナたちの間に、みにくい争いが始まった。だがテッドに勝利が輝いた。そしてやっと念願の宝物の箱を引き上げてみると、なんと金貨と思っていたのは銅貨で4000ドルにもならなかった。テッドたちはその金をジョーのアート・センターの内金として提供することにし、ジャッドがクラブ“イージー・ゴー・ゴー”でダンスパーティーを開き、そのあがりで残金をまかなった。テッドはあてにしていた金貨を握りそこなったが、そのかわりに生きた宝、ジョーを腕に抱くことが出来た。 【キネマ旬報データベースより】
原題 EASY COME,EASY GO
製作年 1966年
製作国
上映時間 95
チケット 前売りチケットを購入する