閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「河内風土記 おいろけ説法」(1961)

0点--

あらすじ

小説書きの東吾和尚のところには、河内の野に住むおひとよし達の身の上相談が、次々に持こまれる。ケチで金をためた“豚の毛はん”と、寄せ屋の親方は、生花の師匠のお色気で、見事にも五十万をまき上げられる。後家の文栄は、行商人の三次郎に、コロリとだまされ、翌日から一銭ももらえないひどい生活。東吾和尚の智恵で、三次郎の商売物の洋服、反物一切を質に入れて、あざやかなしかえし。ある夜、天台院にはいったコソ泥がある。東京からキャバレーの女と駆け落ちした和太郎という男。東吾和尚らにとっつかまると、居直っての金の無心。和尚に一喝されてシュンとなるが、人の好さそうなところを見こまれて、寄せ屋の親方のところに世話してもらう。寄せ屋の一人娘明子は、和太郎に好意を持った。いくらかうすのろの八百屋の勝造は、口をきいたこともない仲居お三に一目惚れ。脅迫により仲人をたのまれた伊之助親分は、ぶ男の勝造に代り、ちょっと不良がかった定助を、見合の席にピンチヒッター。ひともめあったが、ちゃっかりと定助、お三は夫婦約束をすることになる。賭場に入りびたりの亭主パア太に愛想づかしのお久仁は、子供と生活のため、週三千円の契約で、数人の男の周り持ち女房。それをめぐってのドタバタの一幕。伊之助親分の工場に勤める、片目の不自由な貞子は、かつてひどい夫に苦しめられた身の上だ。ふと知り合ったストリップ劇場のペット吹き荻野と思い想われる。荻野もかつて女に裏切られた苦い思い出がある。荻野は貞子が処女でないことを知ってまたひともめするが、それもめでたくおさまって、河内の野は、東吾和尚を中心に愛すべき人たちの集まりである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
上映時間 100
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト