閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「彼女だけが知っている」(1960)

80点80

あらすじ

歳末であわただしい東京の街は、四日目ごとに出没する強姦殺人魔の恐怖におののいていた。夏山警部補と、杉刑事はその捜査本部の一員だった。杉は夏山の娘綾子と将来を誓い合った仲だった。クリスマスの夜、綾子は杉を食事に誘ったが、捜査会議で杉は出られなかった。ひとり淋しく映画を見て、十時頃郊外の駅に降り立った綾子は、暴行魔に襲われて第四の犠牲者になってしまった。現場を通りかかった人があったために、辛うじて殺されなかったのがせめてもの幸いだった。夏山は悩んだが、北江捜査課長に一切を報告した。北江は秘密捜査とすることにした。夏山は綾子に証言を求めようとしたが、綾子は家を出て、親友の秀子のアパートに身を隠した。夏山の妻のとし子は思いあぐね、杉にすべてを打ち明けた。杉の衝撃は大きかった。悩んだ末に、綾子を訪ねた。「今夜の犯行を食いとめることができるとしたら、あなたが協力してくれること以外にないんだ」と頼んだ。犯罪の行われる四日目なのだ。しかし、綾子はかたくなだった。警視庁から異例の非常警告が発せられた。綾子は動揺した。意を決し、捜査本部へ車を走らせた。一足ちがいで、第五の犠牲者が出たところだった。しかし、綾子の積極的な協力で捜査はにわかに進展をみせた。特に、彼女の髪をすいたヘヤーブラシの中から、コンタクト・レンズが発見されたことは貴重な手がかりだった。犯人はその常用者であった。コンタクト・レンズ使用者の名簿によって、二百人の容疑者を照合した結果、五人が捜査線上に浮んだ。尾行、聞きこみの結果、西野、桜田という男にしぼられた。捜査本部は、正月のトソも祝わずに張込みを続けた。犯人は西野と判明した。西野は捕えられた。事件が落着し、夏山は辞表を提出した。警視庁の階段を下りる綾子を、杉が追って行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
上映時間 63
チケット 前売りチケットを購入する