閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「西遊記〈1988年〉」(1988)

0点--
中国4大奇書の一つであり、あらゆるメディアで作品化されてきた『西遊記』を、NHKが開発した“ハイビジョン“による技術と、人形を縦横無尽に動かす各種の技法を駆使して製作した作品。スペクタクル、ユーモアを交えた冒険活劇。

あらすじ

三蔵法師と孫悟空、猪八戒、沙悟浄は長安の都を出て天竺へ向かう途中、焼けつくような暑さの荒野に行く手をはばまれた。原因は火炎山の火が強過ぎるためたが、それを吹き消すには、羅刹女の持つ芭薫扇が必要だった。孫悟空はさっそくそれを借りに出かけていくが、逆に吹き飛ばされてしまう。彼女は夫・牛魔王の浮気で気が立ってたうえに、悟空には恨みを持っていたのだ。牛魔王はかつて悟空と義兄弟の契りを結んでいたが、今は玉面公主という妖女にうつつを抜かしていた。悟空は観世音菩薩に力を授かり再び羅刹女を訪ね、芭薫扇を手にするがそれは偽物だった。夫の牛魔王に口説いてもらおうと考えたがそれもうまくいかなかった。牛魔王と玉面公主が宴会に出かけているすきに、悟空は自ら牛魔王に化け、羅刹女に接近。浮気をやめて戻ってきたように見せかけたが、牛魔王に見破られて失敗。二人は互いの魔力を駆使しての死闘となった。悟空は牛魔王を倒して、三蔵法師の窮地を救った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 松竹
チケット 前売りチケットを購入する