閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「リングの王者・栄光の世界」(1957)

0点--

あらすじ

魚河岸の青年塚本新一郎はかねて東洋新聞の運動部記者畑から拳闘界入りをすすめられていたが、母志づや恋人の京子の反対で断っていた。しかし家の借金や足の悪い妹敏子の手術代などで切羽詰った新一郎は遂に畑を訪れた。その夜、畑は銀座裏のバーに彼をつれて行き、マダム奈美子を手伝っている元ボクサーの岩崎健次にトレーナーを頼む。岩崎は一旦ははねつけたが畑の情熱に動かされて承諾する。旭光拳闘クラブで猛練習を続ける新一郎に、志づたちも次第に応援するようになるがジムの中ではライト級の三田村らの冷い目があった。やがて新一郎は前座に出て派手なデビューをしたが岩崎や畑の祝をよそに京子と連れだって帰る姿に、畑は京子を訪ね拳闘に女は禁物だ、彼の将来のために暫らく遠去かってくれと頼む。京子の姿がみえなくなり新一郎は落胆するが、果されなかった自分の夢を彼に託して岩崎の指導は日増しに激しくなってゆく。漸く新一郎が外部に認められた頃ライト級選手権をとった三田村は金の為にクラブを移る。一方試合毎に現れるキャバレーのマダム、ルリ子の執拗な誘惑に心ならずもひきづられて行く。女の為に身をくずした昔の自分を思い出し岩崎は心を痛める。やがて新一郎は三田村とノンタイトル戦を行うことになったが、彼の殺人パンチに脆くも敗北を喫し、ルリ子の豹変した冷い態度に気落ちしてしまうが岩崎と畑に励まされて一心にファイトを燃やして行く。そしてタイトル・マッチの当日、汗がとび散り鮮血の流れる激しい打合いの末見事三田村を倒した新一郎の眼には涙があふれ、祝福してくれる岩崎、畑や、病気もなおり京子に手をひかれて駈けよる妹敏子の姿がかすんでしまうのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト