閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「母三人〈1949年〉」(1949)

0点--
新派悲劇の代表作を映画化した母子もの。昭和15年の浅草。レビューのコーラスガール、時子は恋人、三郎が良家の令嬢と結婚することを知る。それでも彼の子、良太郎を産み育てる時子。彼女は良太郎を連れての旅の途中、空腹のため行き倒れたところを農民夫婦に助けられ、彼らに良太郎を預けるが……。

あらすじ

昭和十五年ごろ、浅草のわびしいレヴュー小屋−−コーラスガール時子は一座の作曲家笠井から愛人三郎が今夜結婚すると聞いてがく然とした。三郎は両親の喜びを眼の前に見て勤務先の社長令嬢真砂子との結婚を余儀なく約束したのである。結婚式場へかけつけた時子は失神して倒れた。時子は既に妊娠していた。やがて時子には良太郎が生まれ、生きるためには女給生活にまで転落した。結婚以来良心に責められていた三郎は良太郎を引き取ろうと思い、妻の真砂子もに良太郎に同情し夫に同意したが、時子は真砂子の恩にきせるような口調に興奮して良太郎を連れて飛び出した。そして昔の舞台仲間初枝を頼って福島の田舎へ向かったが、山道で寒さと飢えのために行き倒れになり、百姓利吉と妻のお光に助けられた。お光はちょうど子供を亡くした時で良太郎を育てようといい、時子は良太郎の幸福を祈って去った。戦争は終わった。三郎と真砂子は子供のいないさびしい生活を送っていたが、良太郎の居所を知ってお光の許を訪れ良太郎を引き取りたいとお光に頼んだ。お光は別れを悲しんだが、良太郎の将来を思って手放した。そのころ時子は歌手として成功し良太郎との再会を楽しみに利吉夫婦の所を尋ねたが、良太郎は上京した後であった。お光と時子は三郎の家を訪ねた。生母、義母、養母の三人を前にして良太郎が飛びついて行ったのはお光であった。良太郎は懐かしの福島へ帰ることになった。残された時子はさびしく舞台にもどって行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1949年
製作国 日本
配給 大映東京
チケット 前売りチケットを購入する