閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「命果てる日まで」(1966)

【DVD発売中】

0点--
男女の三角関係を、哀切な感覚で描いた松竹大船調の悲しいラブ・ストーリー。社会派ミステリー作品も発表していた野村監督は一方で、本作と同様のメロドラマも数多く撮り上げた。デザイナーとして活躍する健は、自分の作品を盗作した京都の織物屋へ抗議に行ったところ、その店の娘・綾子に惹かれてしまう。健には彼女がいたが、やがて綾子が婚約中であることを知り……。

あらすじ

グラフィック・デザイナーの岡田健は、洋裁店に勤める恋人の伊藤和江に見送られ、京都に向う超特急の中で、以前彼が業界誌に発表したデザインの着物を着ている美しい高森綾子に魅せられた。綾子は京都では老舗の西陣の織元の娘であった。デザインを盗用された健が版権料を請求に綾子の父仙造を訪ねると、思いのほか、恐縮した仙造は謝罪した上に、今後の着物と帯のデザインを健に依頼した。帰京後健は恋人の和江と逢った。和江は友人のまり子と一緒に健と同じアパートに住んでいて、二人は夫婦同様の生活をしていたが、和江は飲んだくれの父寅夫のことを考えると、健との結婚にも踏みきれなかった。和江は健のスケッチブックの中の美人を見て何故か気になった。再び仕事で京都を訪れた健は、そこで仙造の死と綾子と信用金庫の理事、中川信行との婚約を知り、淋しい気持で帰京した。しかし数日後健は、親類の川崎幸雄や芳子の家に遊びに来ていた綾子と妹みどりの訪問を受けて驚いた。再会して健と楽しいひと時を過ごした綾子は、急速に健に惹かれていくのをどうしようもなかった。一方和江は父親に最後の願いだからと多額の金を頼まれ、それを元に父さえ遠くへ行ってくれたら健との結婚も早く出来ると思い、店の金を渡してしまうが、同僚から健が綾子と逢っているのを聞いて、深い悲しみに沈むのだった。綾子と再会した翌日健は、洋裁店のマダム京子に和江との結婚を勧められた。数日後、山中湖畔にある綾子の別荘に誘われた健は、そこで彼女を激しく抱擁した。翌日健を探しにきた和江に服毒心中をせがまれ、半ば絶望的になった健は同意してしまうが、土壇場にきて和江にだけ楽をのませてしまった。良心に苛まれ、綾子に一切を話して自首を決意した健は、和江の死体を前に嗚咽するのであった。そして彼も和江の後を追うのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト