閉じるボタン

「透明剣士」(1970)

0点--
“勝プロ“の秘蔵っ子・酒井修が主演し、桂三枝ら関西喜劇陣が脇を固めた特撮時代劇。弱虫剣士・夕月三四郎の父が怪盗団に殺される。親切な妖怪“しょうけら“から、体が透明になる薬の製法を教えられた三四郎は、苦心の末に完成し、見事父の仇を討つ。

あらすじ

弱虫剣士・夕月三四郎の父が、夜警の途中怪盗団に殺された。死神にひかれ、遠のく父のそばへ駆けよる三四郎をとめたのは、妖怪しょうけらだった。その怪奇な姿に似ず親切なしょうけらは「力を貸すから父の仇を討てといい、不思議な効力のある秘薬の製造法を教えてくれた。苦心の末作りあげた秘薬は透明薬で、しょうけらがいうには、その効力は半刻、クシャミ三回が効力のきれる前ぶれだった。飲むと勇気と自信が湧き、幽明の世界がはっきりみえた。三四郎は長屋の熊さんや幼なじみのお鈴に乱暴する浪人たちを、薬をのんで驚かした。浪人たちの逃げこんだ玄之進道場を探ろうと忍びこんだ三四郎だが、時のたつのを忘れ門弟にさんざんな目にあわされた。ある日、お鈴の父目明しの惣助が怪盗団に襲われ、重傷を負い、倒れているのを見つけた。幽明の世界にいる三四郎には惣助のそばにまつわる死神の姿が見えた。一策案じて三四郎はつきまとう死神を追いはらった。元気回復した惣助から、玄之進が怪盗団の首領だと聞かされた三四郎は玄之進が道場に向った。透明薬をのんだ三四郎の動きは、一味を右往左往させた。ところが、玄之進を追いつめた時三四郎は姿が現われはじめた。だが玄之進の刃を受けた三四郎の刀は、逆に玄之進の胸を貫いた。三四郎は勇気と自信をえた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 78
チケット 前売りチケットを購入する