閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「火の鳥〈1956年〉」(1956)

70点70

あらすじ

バラ座のスター女優生島エミはハーフだが、父エンミイ急逝の報にもめげず、その夜も舞台で熱演し満員の観客を魅了していた。舞台がハネ、劇場裏のバー“かもめ”に集った一同の前に元座員の飛鳥が富士監督と春山プロデューサーを連れて現われ、エミに映画出演の話を持ちかけた。照明係の徳さんに送られて我家に帰ったエミは、その夜泊りに来た愛人の演出家田島有美に映画出演の希望を打明け承諾を得ると翌日、撮影所に赴いた。富士監督と共に、彼女が主演する“火の鳥”の相手役を探して所内を歩くエミは、ふと半裸の青年に眼を止めた。その夜スター北原嬢のパーティで、この青年、長沼敬一と知り合ったエミは恍惚と踊り合い、彼の抜擢によって“火の鳥”の撮影は順調に進められた。完成試写の日、長沼は基地反対デモに参加して検束されエミは驚いて警察に行ったが会えずじまいのまま家に戻った。そこに待ち受けた日光劇場主の草壁はコケラ落しにバラ座の公演を依頼した。だが稽古の仕上げも近い日長沼に逢ったエミは辻堂海岸で狂おしい愛慾の日を送り、日光劇場はエミの失踪で大騒ぎとなった。代役は山際芳子と決まり、流石のエミも新聞記事に胸を痛めたが偶然ホテルに来た脚本家猿丸に発見され、再び日光劇場に戻って満場の注視を浴びながら持役を熱演した。帰途、以前の愛人杉山に会ったエミは彼から、舞台での情熱の表現を賞められ、ほのぼのとしたものを感じつつ彼と握手を交す。だが又もや持ち込まれた映画出演の話を、次の公演が決まっていると田島に反対されたエミは団体行動に嫌悪を感じ、加えて徳さんを愛する腹違いの姉君子から、徳さんの心はエミにあると責めたてられた彼女は、長沼の罠にかけられた愚かな愛慾生活をも牧田和子から知らされ孤独感に泣いた。翌日父の年金を総額受け取り総てを清算したエミはバラ座を辞め、長沼とも縁を切った。やがて、セットの階段を“新しい人生の門出”と心にさけびながら一歩一歩下りて行くエミの雄々しい姿が見られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 99
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト