閉じるボタン

「執炎」(1964)

【DVD発売中】

80点80
蔵原惟繕の最高傑作ともいえる純愛もの。主演の浅丘ルリ子にとっては主演100本目の記念作にあたり、事実この映画は彼女が女優として大きく飛躍する分岐点となった。浅丘演じる娘・きよのは、水産学校を卒業した拓治と結婚する。情熱的に愛し合う二人だが、やがて拓治は戦争に駆り出される。ほどなく拓治は右足を負傷して帰還、きよのの必死の看病もあって彼は回復するが、再び赤紙が舞い込む。きよのは戦地の拓治の無事を祈ってお百度を踏むが、その甲斐もなく拓治は戦死。きよのも後を追って崖から身を投げる……。浅丘ルリ子の、愛する者を奪われ、精神的に追いつめられていく時の演技は、そのテンションの高さといい、思いつめる表情といい、一人芝居ながら緊張感にあふれ、観る者の胸を刺す。純愛が女のエゴに転化し、それがエロチシズムにまで昇華するには、同じ蔵原=浅丘による「愛の乾き」(1967)まで待たねばならないが、彼女の女優としての美が一つの結実をみたのは、この作品によってであった。

あらすじ

日本海の波が打ち寄せる山陰の浜辺で、一人の女が命を断った。七年前種々にとりざたされた噂も、今では人々がその青春を讃え、美しい供養をいとなんでいる。浜の男拓治が初めてきよのに会ったのは、十三の時であった。やがて水産学校を卒業した拓治は山で再びめぐり会ったきよのに、神秘的な美しさを感じた。きよのは、山奥の一角にある平家集落の娘であったが、二人の愛情は古い因習を破って結ばれた。しかし、二人の結婚生活は、戦争のため中断をよぎなくされた。召集された拓治を送ったきよのの節操ある生活は、村人の賞讃の的であったがきよのの胸中は、空しいものがあった。戦局の激しさにつれて、戦死者もふえ、拓治も佐世保病院で傷病生活を送っていた。右脚の損傷により生命の危険にさらされた拓治は、きよのの看病で奇蹟的に回復した。水入らずで闘病生活をするため建てられた山小屋で、日増に笑い声が聞こえるようになった。そして漁師として逞しく働きだした拓治ときよのは、戦争の恐怖におののきながら、狂ったように愛を確かめあっていた。そんな時きよのは親友の泰子の夫が戦死したのを聞き、恐怖から拓治への独占欲は深まっていった。ついに、拓治のもとに赤紙が舞いこんだ。しかし、一途なきよのの姿に拓治は、言葉をのんだ。愛蔵の能面をつけて舞うきよのの姿は、きよのの執念の叫びであった。拓治は出征した。きよのは、拓治の思い出を抱いてさまよい、凍てついた山道にお百度を踏んだ。思いつめた疲労から倒れたきよのは、こんこんと眠りつづけた。六月の初め拓治は南の海に散華した。事実を知らされず、やがて意識を回復したきよのは、仏壇の拓治の写真を見て全てをさとり、黒髪を切り仏壇に供えて、拓治の命を奪った海に静かに身を沈めた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する