閉じるボタン

「雑居家族」(1956)

0点--

あらすじ

女流作家小森安江の家は夫の文吉、三十娘の音枝、二十三歳の冬太郎、七ツの夏樹の五人暮し。それに小豆島の家を出奔して来た遠縁の娘浜子がいる。桃の節句も近いある日、安江の義兄鷲兵六が、妻のおせいに出て行けと言われたと言って訪ねて来た。兵六は六十を越しているが、お人好しで身なりも粗末。三十年前、この兵六が新婚早々の文吉と安江のところへ「取引先の子だが、母親が死んだので貰ってくれ」と、抱えて来た産後間もない赤ん坊が音枝である。音枝が小学校に入る年、安江の妹小はぎは、生れて間もない男の子を残して死んだが、行先を案じた安江はその子を預った。これが今の冬太郎である。夏樹は、戦時中に安江達が仲人した夫婦の子供で、夫婦が肺病で寝込んでいるのを見兼て引取った子であった。−−兵六が帰って数日後、兵六の紹介だといって斎木進という十七、八の少年が転がり込んで来た。兵六に権利金を持逃げされたと泣きべそをかかれては追出す訳にも行かなかった。兵六は相変らず、妻のおせいに責められ安江の家へ行くのだが、途中、自動車にハネられたり、子供の夏樹に貯金帳を借りて帰る気の弱さ、その頃、浜子は膏薬の宣伝ガールになっていたが、妊娠したと音江に打明け、姿を消した。浜子の妊娠を知って以来、文吉の子ではないかと疑って落着かぬ安江を、ある日、冬太郎が月夜の散歩に誘った。そこには茫を手に微笑む文吉が立っていた。一カ月後、浜子は身重の身で雑貨行商をしながら兵六の許にいた。兵六が浜子の持物を取りに来たことから居所を知った安江は、浜子を連れ戻した。安江は浜子がたまらなく可愛かったのだ。その夜、安江は浜子の母に会いに行こうと文吉に打明けた。瀬戸内海を小豆島に向って走る連絡船に、若い夫婦が歌う子守唄を聞きながら、三十年の感慨に瞳をぬらす安江と文吉の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト