閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「仇討膝栗毛」(1936)

0点--
放蕩息子の新之助に手を焼く父は、自分が何者かに討たれたことにして、新之助を仇討ちの旅に立たせる。だが、新之助が仇役と仲良くなったり、兄の仇を探す美しい娘・おあきに助太刀の約束をするなど、旅はいささか脱線気味。そして、現れた偽の仇敵というのは、実は娘の兄の仇であった。溝口作品で名声を得た依田義賢のオリジナル脚本を映画化した、名人・森一生の処女作品。現存フィルムは音声に欠陥部分がある。
製作年 1936年
製作国 日本
配給 新興キネマ東京
上映時間 63
チケット 前売りチケットを購入する