閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「白浪五人男 天下の大泥棒」(1960)

0点--
八丈に島流しになっていた主人公が、島で死んだ老人がいまわの際に残した言葉から、島を抜け出して“謎の壷“を求めて花のお江戸に現れる。森繁・フランキー・アチャコなど“五人男“の顔ぶれの面白さに加えて女優陣の多彩さも見ものの喜劇。

あらすじ

天保年間、八丈島の牢内。病に苦しむ老囚がもらした一言「柳原広小路の壺栄……そこの壺にある」。その夜、竜太を頭に五人の男が島破りをした。−−江戸島を脱出した竜太・利吉・力松・十三・菊助は、市村座の“白浪五人男”に感心していた。彼らは壺を狙って料亭「壺栄」へ。竜太は帳場さんに、利吉は板前におさまった。女将のお栄、女中のお駒はご機嫌だった。ただ悩みの種は、聖天の熊五郎で、金の催足も嫌味たらしく女将部屋に坐りこむ。この聖天を抑えたのは、与力の梅本春之進だが、これも女将に思召しがあるらしい。菊助は捜し求めた母が実は他人と分ってがっかりし、十三を誘って一儲けを企んだ。ご存知名代の呉服問屋、浜松屋の店先。十三と菊助が註文通りのインネンをつけた一幕。が、馬脚を現わし、逃げ出した。菊助が落したお守袋に、内儀のお関は「あれがわが子か、情けなや」とつぶやいた。壺栄は、今日は畳替えで職人が入っている。これが力松・菊助・十三の面々、五人男の顔が揃っての壺捜しである。お栄とねんごろになった竜太、それに利吉も苦心して蔵に入ったが中は壺の山、どれが目当ての品かさっぱり見当がつかない。問題の老人に逢って壺のくわしいめじるしを確かめることになった。老人は伝馬町の牢へ送り返されたとあって、クジにあたった利吉が、苦心して牢に入った。が、老人は梅本の邸へ連れて行かれたという。梅本も壺の秘密を知ったらしい。梅本一派と五人男の争奪戦となった。とどのつまり、十手をもった与力一派が島破りの面々をとっておさえて一網打尽となった。奉行所、遠山右衛門尉景元が、壺を抱えてのお出まし。遠山は問題の壺を割った。出たのは、江戸城改築工事の入札にからんだ不正の証拠。梅本と聖天がたちまち捕えられた。ところで、この遠山をよくよく見ると竜太なのだ。この壺を捜すため遠山が入牢し、大金のかくし場所が入っていると偽っての大芝居だったのである。四人は放免してもらえたので文句も言えなかった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
上映時間 94
チケット 前売りチケットを購入する