閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「戦場のなでしこ」(1959)

70点70

あらすじ

一九四五年−−敗戦により在満日本人婦女子は、占領軍や暴徒から身を守るために、髪を切り男装して帰国を待ちわびていた。婦長の堀喜代子をはじめとする従軍看護婦三十余名、荒井秀子、小田まゆみ、田崎京子らは救護所に収容されていた。同じ場所の満人たちの敵意の眼ざしは、彼女らの仕事をやりにくくさせていた。そんな時、昔同じ病院にいた軍医の吉成が派遣されて来てみんなの気持を明るくさせた。特に彼と恋仲の秀子の喜びは大きかった。ある日、総務課長の張が看護婦五名を他の病院に派遣せよと命令して来た。その後、救護所の医薬品の盗難を身をもって防いだことから、日本人に対する眼も暖かくなった。一ヵ月経っても、派遣された者たちから何の連絡もなかった。交代を申入れた秀子たち五人が、その場所に行くと、そこには病院はなく、彼女らの仕事は外国人たちの慰安婦であった。ある夜、監視の目をのがれて京子は脱走した。銃弾を全身に浴びながら、救護所に戻り吉成に真相を告げて息絶えた。吉成と喜代子は明晩までに帰らねば、秀子たちの救助が失敗して、死んだものと思ってくれと云いおいて出発した。吉成の訴えで一部将佼の悪事を知ったソ連司令部は、秀子達を解放した。一方、救護所に残った看護婦たちは、吉成が戻らぬので、救出が失敗したと思い、自らの純潔を守るために自決した。一瞬おそく救護所についた秀子・吉成たちは、同僚の死と戦争を呪う遺書をみて慟哭するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
上映時間 78
チケット 前売りチケットを購入する