閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「おしどり道中」(1959)

0点--
いかさま賭博をあばき、悪ボスの次郎太郎に苦汁をナメさせた旅鴉・草間の半次郎が、草鞋を脱いだ先の貸元・金平の家でその娘・おもんと知り合う。おもんは金平の兄弟分・勘平にしつこく言い寄られていたが……。三度笠も目深い大川橋蔵主演の股旅もの。

あらすじ

和田峠、西山麓の街道を足早に行く一人の旅鴉。信州追分でいかさま賭博をあばき、悪ボス次郎太郎に苦汁をナメさせた草間の半次郎である。和田山の貸元金平の家に草鞋をぬいだ半次郎を追って、次郎太郎一家の藤五郎と宗太は甲州屋勘八の家に同じく草鞋をぬいだ。この勘八と金平は兄弟分の仲だが、金平の娘おもんに横恋慕して金平の縄張りを狙う腹黒い勘八だった。藤五郎と宗太は勘八の手引で半次郎を襲ったが、全く刃が立たない有様であった。颯爽と啖呵をきる半次郎を、おもんは惚れぼれとみつめた。勘八は金平をまるめ込むと、おもんを女房にもらう口約をとった。しかし勘八を嫌ったおもんは、半次郎を追うように家を出た。勘八はおもんに逃げられた腹いせに、金平を斬り縄張りを手中に収めた。金平一家は四散し、おもんの妹お藤は借金のカタに遊女に売られた。半次郎もおもんを求めて旅をつづけた。追分の宿、一人の茶屋女が半次郎の袖を引いた。おもんであった。しかし、なぜかおもんは身を隠して自分はおもんでないと云い張った。互いになつかしさにかられながらも、半次郎とおもんは再び別れた。半次郎の入来を知って次郎太郎一家は大騒ぎであった。半次郎は挑戦をうけた。その時ふらふらとお藤が現れた。ただならぬ態のお藤からことの次第を聞いて、半次郎は驚いた。逃れ去ろうとするお藤を追って、半次郎は次郎太郎一家の長ドスの間をくぐった。一瞬遅く、お藤は河に身を投げた。父を斬られ、妹を奪れたおもんは、勘八と戦うべく乾分政吉と共に弥陀ケ原に現われた。しかし復讐の匕首も、多勢に無勢で追いつめられた。その時、三度笠も目深い旅鴉が勘八の前に立ちはだかった。啖呵と共に半次郎怒りの長ドスが勘八一家を叩っ斬る。血ぞめの弥陀ケ原をあとに、半次郎とおもんのおしどり姿が春がすみの街道に遠く消えて行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する