閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「有楽町で逢いましょう」(1958)

50点50
フランス帰りの新進デザイナー・亜矢は知り合いの女子大生、加奈の兄・練太郎にプライドを傷つけられて怒り心頭。そのうえ弟・武志と加奈の交際に関しても彼と対立することに。だがファッション・ショーが不評に終わって落ち込む彼女を慰めてくれたのは、その練太郎だった。ヒット曲からタイトルを得た風俗ドラマ。

あらすじ

フランス帰りの新進デザイナー小柳亜矢は、パリ仕込みの奇抜なデザインで大阪の女性をあっと言わせた。意気揚々、彼女はその夜の列車で東京に向った。偶然隣りに乗り合わせたスポーツで鍛えあげた逞しい体の建築技師篠原練太郎の足を踏んだのも気がつかない興奮の仕方であった。それでも練太郎が、亜矢が花形デザイナーとして紹介されている週刊誌をこともなげにまるめ、駅弁にパクつくのを見て、柳眉を逆立てるのだった。数日後、亜矢が日ごろ可愛がっている女子短大生篠原加奈が、亜矢の入念なデザインの服を兄に散々酷評されたと仕立直しにやって来た。ちょうど居合せた亜矢の弟、大学のフットボール選手の武志はどれでも好きなのをもってゆけよと加奈に言って、すっかり仲好しになった。ところがこれを知った亜矢はカンカンになった。……挙句、加奈の兄のところに押しかけたが、意外にも兄とは練太郎のことだった。勝気と朴念仁とのトンチンカンの論争をよそに、加奈と武志は仲良く語り合っていた。ある日、補欠の武志の奇蹟的プレーで逆転勝となった試合の帰り、武志は加奈の寮の窓によじのぼって彼女と熱い口づけを交した。しかしこれが舎監に見つかり、またまた亜矢と練太郎は大論争したのである。−−亜矢に加奈との結婚を反対された武志は、大阪の乳母のもとへ行こうと有楽町で加奈と合うこととなったが行きちがってしまった。この日、百貨店、そごうでは亜矢のファッション・ショーが開かれていたが、散散の悪評に終った。ショーの失敗、弟の家出、人生の壁にぶち当ってしょんぼりした亜矢に練太郎はどこかひかれるものを感じてきた。仕事のため大阪へ来た練太郎、それを追うようにこれも大阪にやって来た亜矢、二人は加奈と武志の結婚を許し、さて、自分たちについては、当分有楽町の女神の前で逢うしかない−−と語り合うのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 97
チケット 前売りチケットを購入する