閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「カウガール・ブルース」(1994)

【DVD発売中】

51点51
U・サーマンが、男性社会にとらわれない自由な社会と性の解放を求める新世代のヒロインを演じるサイケデリック・ロード・ムービー。生まれながらにして人一倍大きな親指を持つ少女シシーは、生理用品を扱うヨニヤム社のモデルであり、史上最強のヒッチハイカーでもある。彼女が親指を上げれば百発百中、ヒッチハイクは彼女のライフスタイルであり、精神的な聖域に達するものだった。ある日オーナーのカウンテスは、シシーを新製品のCM撮影のためにカウンテス所有のラバーローズ牧場へ送る。牧場で働くカウガールたちに出会い刺激されるシシー。彼女はタフで魅力的なリーダー、ボナンザ・ジェリービーンと瞬く間に恋に落ちる。さらに隠遁生活を送る謎の男チンクとの出会いも、シシーに様々な影響を与えるのだった……。カルト作家T・ロビンスの人気小説を、鬼才G・V・サントが映画化。

あらすじ

1950年代アメリカ。シシー・ハンクシャー(ユマ・サーマン)は人一倍大きな親指を両手にもって生まれる。成長したある年のシシーの誕生日、大きな親指で優秀なヒッチハイカーになれるだろうと冗談で口にした言葉が彼女の心を捕える。シシーは美しく成長し、生理用品を扱うユニヤム社のモデルとなり、同時に史上最強のヒッチハイカーになった。シシーにとってヒッチハイクは精神的な聖域に達するものだった。ヨニヤム社の契約を解雇されて半年がすぎ、ヒッチハイク生活で貯金も底をつき始めた頃、ニューヨークにいるオーナーのカウンテス(ジョン・ハート)から新製品のコマーシャルの撮影に、カウンテス所有の最新式高級保養所のあるラバーローズ牧場へ行くように言われる。さらに、いまだにバージンのシシーにモホーク族のインディアンで喘息持ちのアーチスト、ジュリアン(キアヌ・リーヴス)を紹介する。ラバーローズ牧場にたどり着いたシシーは、牧場で働くカウガールたちの一団と出会い、自由奔放で気ままな彼女たちを新鮮に思う。なかでもタフで魅力的なリーダーのバナンズ・ジェリービーン(レイン・フェニックス)とは瞬く間に恋に落ちる。だが商業主義に走るカウンテスと、牧場を取り戻す決意したカウガールたちとの争いに巻き込まれて、牧場を逃げ出してしまう。彼女は隠遁した穴居生活を送りながら、宇宙の秘密が画されている大きな時計仕掛けを見張っている男、チンク(パット・モリタ)と出会い、一晩をともに過ごす。その後カウンテスとカウガールたちのことで対立し、親指ではり倒してしまったシシーは手術で右手の親指を切り落としてしまう。そして愛と自由のために再びラバーリーズ牧場へ向かう。カウガールたちは絶対絶命のシロヅルを巡って政府と対立していた。和解のために馬を走らせたジェリービーンは政府の銃弾によって息を引き取る。シシーは悲しみの中にも自分の居きる道を見いだそうとチンクと暮らしていくことを決意するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国
チケット 前売りチケットを購入する