閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「濡れ燕 くれない権八」(1978)

100点100
とある因縁から姫路藩剣道指南役の棟方鉄心とその弟子・辰之進を斬った紅権八は鉄心の娘・比呂恵と辰之進の弟たちから仇として狙われることに。争いを好まぬ権八は江戸まで逃げ、侠客の長兵衛の世話になる。だがそんな彼を姫路藩江戸屋敷の侍が襲い……。権八と比呂恵の恋を絡めた娯楽時代劇。

あらすじ

−−姫路城中の御前試合で、無名の長州浪人・紅権八は、姫路藩剣道指南・棟方鉄心と対決し、相討ちの判定で引き上げた。町はずれの地蔵河岸で彼を鉄心の門弟が待ち受けていた。排他的な藩習から指南番の雪辱を期したのである。権八は止むなく闇をはらった。二、三人がつんのめった。その中に、無謀の闇討ちを制止しようとした鉄心と、闇討ちの首謀者・稲田辰之進が入っていた−−。鉄心の娘・比呂恵と辰之進の弟・辰馬、富士馬の三人は京へ向ったという権八の後を追って仇討の旅へ発たねばならなかった。武士の家のならいである。京の街で、権八は酔った武士にからまれている美しい武家娘を助けた。そのまま、別れたが、娘の姿が権八の胸に残った。娘は見知らぬ権八を父の仇と狙う比呂恵であった。比呂恵は権八を仇と知り、愛憎の相剋に悩んだ。京の真葛が原、江戸へ向う道中の二度とも、権八は襲ってきた三人をそのまま、逃げだす以外なかった。江戸の船宿・鮒源の二階に、侠客花川戸長兵衛は知り合った権八を客分としてかくまった。彼は権八の純粋さに惚れこんだのである。権八はいつか深川芸者・小夕と結ばれた。浮名がたち、辰馬らと姫路江戸屋敷の若侍十数名が襲ってきた。権八はやむなく応じ、富士馬を斬り伏せてしまう。比呂恵はなすすべを知らぬように立ちつくした。小夕は権八の比呂恵への愛をねたんだ。彼を愛すあまりである。彼女は権八を辰馬たちの待ち伏せる材木河岸に導いた。権八は相手をなぎ払い、比呂恵を求めて走った。「あなたを苦しめて生きるのが辛い」権八は彼女に命を捧げるといった。比呂恵は権八の胸にくずおれた。「故郷も家もいりませぬ」二人は死出の旅に発とうとする。が、長兵衛が現われ、二人を説き、生き抜くことを決意させた。辰馬たちが権八を求めて駈けつけた。長兵衛がさえぎり、辰馬たちは気勢をそがれて引退った。−−ひしと抱き合った権八と比呂恵の道行を、月が美しく照らしだした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 93
チケット 前売りチケットを購入する